東京都行政書士会

東京電子自治体 電子調達サービス

東京電子自治体 電子調達サービスは、東京23区他、都内の市区町村の競争入札に参加するためのシステムです。
競争入札に参加するためには、まず、競争入札参加資格を得る必要があります。

<新規申請受付期間>

工事、物品とも、随時受付

<新規申請の資格適用日>

・毎月1日~25日に承認された場合 ⇒ 翌月1日から資格適用
・毎月26日~末日に承認された場合 ⇒ 翌々月1日から資格適用

▼資格の有効期限

共同運営電子調達サービスの競争入札参加資格の有効期限は、登録申請が承認された月の直前の決算月の翌月から起算して、1年8ヶ月後の末日です。

▼継続申請

資格を継続して保持したい場合は、前回登録申請直後の決算月の翌月から(登録申請を行ったのが決算月の場合は、登録申請を行った翌月から)、資格有効期限までの8ヶ月の間に、継続申請の手続きが必要です。

継続申請の資格適用日は、審査担当自治体が登録申請の承認をした翌日です。

▼行政書士が代理申請

まず、お客様ご自身で、電子証明書を使って事業所のパソコンにプログラムをインストールし、当職への委任設定をしていただきます。
その後は、当事務所で作業を進め、競争入札参加資格申請(新規・継続・変更・取消)を代理申請させていただきます。

パソコン操作が苦手な方や、本業で忙しく自分で手続きをする時間がない方、自分で操作するのは不安な方は、私共にご依頼下さい。

▼電子証明書が必要

事前準備として、電子証明書を購入して下さい。これは、インターネット上で個人を認証するための電子的な身分証明書で、言わばネット上の実印にあたる、重要なものです。

電子調達システムの申請プログラムの入手・作成等は、電子証明書がないとできません。
申請を私共にご依頼いただく場合も、電子証明書が必要です。

電子証明書の購入も私共でお手伝いできます。特別割引が適用になる場合もございますので、遠慮なくご相談下さい。

▼経営事項審査も必要

建設業関係の業種を申請する方は、まず経営事項審査を受けなければいけません。
経営事項審査が申請日時点で有効で、通知を受けている(P点を有している)ことが必要です。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6421-7317 営業時間 9:30~18:00 土日祝休

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 行政書士おじお事務所 All Rights Reserved.